代表挨拶

代表プロフィール

高原弘史朗
1989年3月生まれ
長崎県出身長崎育ち
長崎大学工学部卒

私がウェブマーケティングの世界に入ったきっかけは、幼少の頃から憧れていた「お笑い」の世界に入るための資金作りでした。学生時代はバーを経営してみたり、ボランティアに走ったりと、学業をほったらかして、さまざまなことにチャレンジしました。

そして、卒業する時に「やっぱり好きなことにチャレンジしよう!」と、お笑いを目指すことを決意。資金もスキルもない私が、「夢も追いかけながら、就職したみんなと同じ生活水準を維持する!」というワガママを通せる可能性があったのが、アフィリエイトを中心としたウェブ広告の世界でした。

 

その後一旦はお笑いの世界に踏み込みました。ですがその頃には、経営とウェブの世界の方が面白くなっていました。2年の活動ののち、夢は同期や後輩に託し、ひっそりと引退。

 

ビジネスの世界で多くの人に”喜び”を提供できる経営者になることを目指し、個人事業で行なっていたウェブ事業を会社として拡大して行くことを決意。

第一歩として「株式会社PEEP」を設立。福岡を拠点に、「面白くて、人のためになる仕事」を提供できる会社を目指し、日々努力しています!

 

読者様、クライアント様、私たち…一つも欠けない「三方良し」な仕事を!

検索エンジンや人工知能の急激な成長で、私たちの生活は大きく変わってきています。「単純作業」がAIで自動化されるのは当然のこととして、「心地の良い音楽」を作ったり、「絵画」を描くといったクリエイティブな作業まで、人工知能が行えるようになってきています。

さまざまな物が効率化される中、私たち”人”に残された仕事は「創造性のある」仕事ではないでしょうか。

ただ情報をまとめただけの無機質なウェブサイトではなく、

  • 読者の方の気持ちに届く面白いメディア
  • クライアント様に「その手があったか!」と言っていただけるような広告

そんな、関わった人すべてがハッピーになるような仕事を目指しています。

現在運営中のウェブメディア、ウェブマガジンだけでなく、今後も、人の心に届くような「面白くて為になる」ような事業を行なっていきます。

 

「コトバ」と「ユーモア」の力で最高のコンテンツを!

お笑いがルーツで始まった弊社は、

  • お客様に深く共感することで生まれるユーモア
  • そして本当にタメになる情報を面白く伝えるコトバ

この2つを大切にしています。

社内のメンバーも、

  • 子育てに奮闘する元メタルバンドマン
  • アーティストとしても活動するデザイナー
  • 現役お笑い芸人(今の所、売れてない)
  • 全く喋らない不思議な大学院生

といった、多種多様なスタッフとともに業務を行なっています。

趣味も思考もバラバラな人たちが、自由なアイデアをもちよることで、「全く新しいアイデア=ユーモア」が生まれると信じています。

 

“他人を認める空気感” が、良い仕事を作る

弊社は本当に良い仕事をする為に、最も重要なのは「自分と違う考えを受け入れる」ということだと考えています。「みんな違ってみんな良い」…よく耳にするフレーズですが、それを本当に体現して生活できている人は少ないのではないでしょうか。

仕事ではお互いの意見を認め合うほど、自由なアイデア出てきます。議論が盛り上がるからこそ、ユーモアと呼ぶにふさわしい、本当に良いコンテンツが作れる。

 

もちろん、趣味や思考がバラバラな人たちが集まると「??」という意見もたくさん出てきます。でもそれを切り捨てるのではなく、受け入れ、理解するために、脳をフル回転させる。

それを出来る人が、お客様や読者様の気持ちに共感でき、本当のニーズを導き出せる一流のマーケターではないでしょうか。弊社には他人のことを理解する器を持った「イイ奴ら」ばかりが集まっています。

ユーモアが生まれる空気感があるからこそ、成長し続けられると信じています。これからも仲間を増やしながら、「イイ奴ら」と「最高のコンテンツ」を作りつづけられるよう、日々奮闘しております。